医療福祉業界ピックアップニュース
医療福祉業界ピックアップニュース
文書作成日:2022/06/16
介護保険制度、次期改正に向けて論点を提示

 介護保険制度改正について話し合う厚生労働省の社会保障審議会 介護保険部会の会合で、今後の改正に係る論点が提示されました。

 同会では、生産年齢人口の急減、85歳以上人口の急速な増加を見込み、2040年に向けた5つの柱を掲げ制度の見直しを議論しています。

  • 介護予防・健康づくりの推進(健康寿命の延伸)
  • 保険者機能の強化(地域保険としての地域のつながり機能・マネジメント機能の強化)
  • 地域包括ケアシステムの推進(多様なニーズに対応した介護の提供・整備)
  • 認知症施策の総合的な推進
  • 持続可能な制度の構築・介護現場の革新

 今回の会合では、2024年に予定している次期改正に向けて、当面検討する論点として、以下が提示されました。

  • 地域包括ケアシステムの更なる深化・推進
    1. 在宅・施設を通じた介護サービスの基盤整備、住まいと生活の一体的な支援
    2. 医療と介護の連携強化、自立支援・重度化防止の取組の推進
    3. 認知症施策、家族を含めた相談支援体制
    4. 地域における介護予防や社会参加活動の充実
    5. 保険者機能の強化
  • 介護人材の確保、介護現場の生産性向上の推進
  • 給付と負担
  • その他の課題

 このうち「地域包括ケアシステムの更なる深化・推進」については、以下のサイトにて、詳細資料をご覧いただけます。

厚生労働省 資料「地域包括ケアシステムの更なる深化・推進

参考:
厚生労働省「第93回社会保障審議会介護保険部会


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
  本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。
 
外山法律事務所
 




 メディカル・アクティベーターズ


アクセス 

〒530-00047
大阪市北区西天満4-11-22
阪神神明ビル3階
外山法律事務所内
 TEL:06-6316-7111
 FAX:06-6316-7117

改訂中です
パンフレット
ダウンロード

フォームでお問合せはこちらへ
メールでお問合せはこちらへ

 
 

PDEファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。ソフトはアドビシステム社から無料でダウンロードできますので、アイコンをクリックしてお使いください。